ちょっと言ってもいいかな。
バックナンバー
 2003年9月 

 03/09/02 (火曜日)

川崎は10月4日、等々力での新潟戦時に狙いを定めて「2万人動員」を計画しているらしい。 アルビくんとフロン太くんががっちり腕相撲をしているイラストの入った、「10.04 打倒!新潟」と大きく文字の入ったポスターまで既にあちこちに貼られているらしい。

一方、先日のビッグスワンでの敗戦直後、肩を落としている広島サポに対してサンフレスタッフの一人が 「新潟との最終戦。ビッグアーチで3万人動員計画をやります!」と宣言していたらしい。

言うまでも無く、先日の松本で行われた平成川中島合戦。 そして来週の横浜FCホーム試合を福島での実施。

別に自慢するとか、のぼせ上がるつもりは全然無いけれど、こうやってアルビレックス新潟を他チームが意識していると思うと、素直に嬉しくなります。

そんなわけで、動員イベントを企画している他チームのためにも、まだまだしばらくはアルビは首位に居続けなければならいのだよ。わかるかね。えっへん (充分のぼせあがってます)

なんか、甲府サポの にけ さんがいつもの芸風とは違うことを言ってます。  私もあまりひねくれたものの見方をするのもアレですので、ここは素直にありがとうございますと言っておきましょう。

松本現地へ行った皆さんへ。
試合はアルビ負けちゃいましたけれど、甲府サポーターにはそれなりにインパクトを与えてきたようですよ。

--------------------------------

私が最初生観戦したJリーグの試合は、1997年(←違うかも知れない)新潟市陸上競技場で行われた、ベルマーレ平塚 × 浦和レッズ。ナイトゲーム

浦和が3-0とリードしたのに、そこから3-5と逆転負けを喰らったというものすごい荒れた試合。   正直、それまでサッカーなんてそれこそかけらも興味が無かった私でしたが、初めて実際にJリーグの試合を見て、ライトに照らされた緑の芝の美しさと、その上で転がるピカピカ光るボールが妙に印象に残った。

この試合。 浦和・平塚の両サポにしてみれば、「なんでこんなド田舎まで来なきゃならんいんだよ!」と、不平不満の試合だったと思う。 そりゃそうだよね。どっちのホームでもないのだから。   でも、少なくても私にとっては、あの試合を観戦できたことで ほんのわずかではあったけれども、Jリーグに興味を持つきっかけになりました。 

また、伝聞でしかありませんが、2000年のJ2では浦和レッズのサポーターが新潟ホームの試合に大挙して押し寄せ、当時まばらに見ていた新潟の観客に何かしらのインパクトを与えていったらしい。

つまりだ。私が言いたいのは

盛り上がっている地域が出張して他の地域にも盛り上がりの火をともす。  そういったキャンドルサービスのような部分は、絶対に必要なのだと思う。

「おれは新潟を応援しているのだから、他のクラブとかサポーターのことなんて全然関係ないね」  そう言い切っちゃえばそれは確かに正論だけれども、なんかちょっと寂しいよね。と、思ってしまう。

明日は市陸開催ということで悪天候で無い限りは、ホームゴール裏に位置する市役所にビッグフラッグが掲げられる最後の試合です。

この掲揚はかなりお金がかかるものだから、募金活動も行われました。 それと同時に、「そんなにお金がかかるんだったら、やらなきゃいい」 との意見も沢山出ました。 正直に言って、私も 「どうせホームゴール裏にいる私には見えないし、2、3回やったら後はやらなくていいんじゃない?」とも思ってました。

でもね、新潟市陸で試合を見たアウェイサポが書く観戦記には、必ずと言って良いほど新潟市役所に掲げられるビッグフラッグの写真が載っていて、しかも感想として 『ぐぁー。やられたぁ。そりゃ反則だぁ!』とか、『「うちらもぜひやりたい! そうだ、あそこのアパートの住人に許可を得ればできるのではないか」 そう皆で話しながら帰途についた』  とか、本当にもう、沢山の人が書いていました。

それらの感想を見ながら私は考え方を改めました。  仮に新潟のサポーターにとってはマンネリになっても、それを見たアウェイのサポーターが感心してくれて、しかも「うちらもあのようなことをやってみたい」 と思ってくれたならば、お金かけて市役所にビッグフラッグを掲揚する意味は充分にある。  新潟に来訪いただくアウェイサポに何かしらのインパクトを与える演出が出来たということは、新潟にとっても誇りだと思う。  そのためのお金ならば決して無駄金じゃないはず。

そう思うようになった私は、毎試合入れていたビッグフラッグ募金に、それまでの倍の金額を入れるようになりました。

って言っても、200円に上げただけなんだけど

 03/09/09 (火曜日)

え? 更新? なにそれ?

そんなわけで、トップの駄文撒き散らしすらもだいぶほったらかしで、当然観戦記なにそれ状態。 激しく更新意欲が減退してます。

--減退理由--

ここにきてまた急にとても暑くなって、エアコンのないちゃきんさんは部屋で溶けているから。

--以上。減退理由終わり--

簡単に山形の報告をば

【最大の懸案事項】
はたして前回のような、 黄色のしゅわしゅわー がキックオフ前に売切れてしまうなどといったおマヌケなことを、また売店が繰り返すのかどうか・・・・・
【結果】
少なくてもメインスタンド裏の売店に関しては問題なく、意地のように生ビールの樽が積み上げられていました。  ただ、ビールは350mlでの販売ではなくて500mlにしてください。すぐに飲み終わって、お代わりを買いに行くのが面倒くさいです。

【二番目の懸案事項】
ベスパの音響事情は改善されているか。
【結果】
はっきりいいます。 最悪です。  いまどきあそこまで「でかい音だしておけばいいんじゃないの?」という運営がされているのは大問題です。 スピーカー間近にいるアルビの応援はもちろんのこと、ホームの山形側の応援まで、大音量垂れ流しのCMと、場の空気の流れを読めていないDJのしゃべりでぶち壊し状態です。  べつに山形さんをあおっているわけでもなく、もちろんバカにしているわけでもありませんが、本当にあの大音量たれながしのCMは、早急になんとかしないとだめだと思います。

【三番目の懸案事項】
アルビは勝てるのだろうか。     て、三番目かよ!
【結果】
勝ちました! 今年アルビがまだ勝利を挙げていない唯一のチーム。それがモンテディオ山形。  双方とも決定機を何度か逃す、はらはらする展開でしたが、2-1の勝利。

観戦記は、、、、 うーん。 そんなにネタがあったかなぁ。(と、しらばっくれる予定)

おや連集会風景。  正直なところ、なんだかそろそろマンネリ化してるかしらん?

しかし、この日は参加者に ちゃーじ総帥からシールのプレゼントがっ!

そして、私にとって最大の収穫!  それは・・・・

ニセ反町氏と第三種接近遭遇に成功!

※ニセ反町氏とは・・・・私にとっては忘れたくとも忘れられない、昨年のC大阪との長居での最終決戦。 アルビが完敗しJ1昇格の夢が絶たれた後で、バスツアー参戦した私はひとりで夕食の場所をもとめて長居の街をうろついていました。 すると、紺のスーツを着てビジネス用のカバンを持った、どう見てもサラリーマンにしか見えない男性に 「お疲れ様でした」 と、声を掛けられます。 「あ、どうも・・・」 「今日は本当に残念でしたね」「え、ええ。」  この人は誰なのだろう? そう疑問に思っていた私の表情を読み取ったのか、その男性は、「あの。私。こういうものです」   と、背中を私に向けました。   そしてその男性の紺のスーツの背中には・・・

ガムテープ(だったと思います)で、 反町 と文字が書かれているではありませんか。

    (・。・) 目が点になる私。

でも、この男性に話しかけられたおかげで、敗戦後に一人で寂しい思いをしていた私は、実際かなりなごませていただきました。  で、そのあとで例の秘密基地に潜入してしまい、とても愉快(^^;な観戦ツアーになってしまったわけですが・・・

その後、他の方から「○○で発見した」などの情報は得るものの、実際には会えなかった私。 ついには、こんな記事まで発見し、ますますニセ反町氏と遭遇したいとの思いが募ります。

そしてようやく山形で発見!  このチャンスを逃してなるものかと接近遭遇。 いろいろとお話を伺うことが出来ました。 お名前も伺いましたし、Yシャツの背中に貼ってある「反町」の文字の写真も撮らせていただきました・・・

私 「あの・・ お名前伺ってもよろしいですか?」
ニセ反町氏 「○○といいます」
「好きな選手はいますか・・・ って、愚問ですよね」
「ええ、当然反町監督ですね」
「今年はどのくらい観戦に行かれているのですか?」
「 えーと・・・ 5試合くらい見てませんけれど、あとはすべて行ってます」
「アルビにハマったきっかけはなんでしたか?」
「もともとは地元にプロスポーツが出来たことから見始めたのですけれど、本当にアルビを真剣に見るようになったのは、やはり反町監督が新潟に来てからですね」
「では、アルビの選手達・・・というよりは反町監督ですよね? に、一言お願いします」
「厳しい戦いが続きますが、全力でがんばってください」

だそうです。

インターネットでアルビのファンサイトなどはご覧にならないのですかと伺ったところ、インターネットのサイトは見ないわけではないけれど、ほとんどファンサイトは見て回らないとのことでした。   当サイトのこともお伝えしておきましたで、もし、ここをご覧になりましたら、ぜひ掲示板に書き込みをいただきたいと思います。  よろしくお願いします。(結構真剣)

なお、写真は非公開とさせていただきます。ごめんねー。(というか、背中の写真はフィルムカメラで撮影してあり、デジカメでは撮影し忘れたのさー)

帰り。 駐車場でこんなの見つけました。

 03/09/10 (水曜日) へー。ビッグスワンでは日本代表の試合やってたの?

えー。 2ちゃんねるの言葉遣いは正直なところ大嫌いなちゃきんさんですが、ここはやはりこの言葉がしっくり来ると思うので使わせていただきます。

掲示板に

ニセ反町 反町一門 さん。 書き込み 

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

さらには、

高岡奈央さんまで

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ちゃきんさんてば、感激で号泣。

これで、チケット取れなくて見られなかった本日のビッグスワンでの日本×セネガル の試合。  先ほど家に帰ってきてから急いでビデオを見たら・・・

なに? キックオフは19時じゃなかったの?  二時間テープだったから、後半30分で録画終了してしまってるんですが・・

とか、そんな悲しみは、まあどうでもよくなりました。 

思い切り嘘

 03/09/12 (金曜日) 今さらあわてて更新

おっと。 ちゃーじ総帥に投げるつもりだったのに不参加らしい。 忘れてました。

おや連集会 in 福島県営あづま陸上競技場
13時。新潟側の芝生席のどこか。 ただし悪天候時は中止!
(天候とスタジアムの様子がさっぱりわからないので、どうなるやら予測がつきません。ごめん)

● 『そんなこと知っている』 などと言わないでー ●

さて、13日はいよいよ 福島県営あづま陸上競技場 で横浜FCとの試合です。

「アルビってなにそれ?」の人にも優しいサイト作りを目指している当サイトとしては、簡単にこのゲームについて解説させていただきます。

まず、今回のゲームですが、福島県で行われます。 とは言っても現在福島にはJリーグチームはありません。 今回は横浜FCのホームゲームです。 なぜ横浜FCのホームゲームを福島でやるのかと言えば、

今年から横浜FCのユニフォームスポンサーとして「ふくしまの米」がついたため

です。  きちんと確認したわけではないですが、間違いないでしょう。

もっとも福島での開催は13日に行われるこの一試合のみ。 なぜ新潟を福島開催の試合相手を選んだのか。  いちいち書く必要も無いですが、新潟からの集客を期待しているのは明らかです。  ええ、行きますよ当然。 ですから勝ち点3をくれ! 絶対にくれ!

新潟市から福島県営あづま陸上競技場までの距離は160〜170kmくらいらしいです。もちろん横浜さんよりも我々新潟からの方が断然近いです。  私が調べたわけではなくて、すべて 歩くナビゲーションシステムあそぶ氏からの受け売りなんですけれどね。てへ♪

もっとも、彼にしても 『先週のべにばなスポーツパークよりも近いんだー。へー。へー。へー。 調べるまで気づかなかったよ』 と言っているくらいですから、行くのが面倒くさそうだと思って止めている人は他にも多そうです。 近いらしいですよ。行きませんか?
ちなみに我々は07時。新潟出発予定です。

先週言ったように、お風呂セット持参ですよ。わかってますね?>一緒に行くおや連の皆さん。
帰りにどこかで汗を流してすっきりさっぱり。さわやかに新潟に帰ってきたいですね。
くれぐれも記憶を洗い流したくなるような試合には・・ (以下略)

福島県営あづま陸上競技場についての場所と行きかたはこちらの横浜FCサイトのマップから得られます。

福島県福島市佐原字神事場1番地 TEL.024-593-1111

JR「福島駅」よりタクシーで約20分 JR「福島駅」東口よりバス「佐原行き7番」より「あづま陸上競技場」下車(所要時間約30分) ■駐車場/2200台収容

福島でのJリーグ開催はこれが初めてとのコトらしいです。 メインの指定席観戦者以外は芝生席応援になります。 久しぶりですね。

芝生席の応援の場合、従来ですとゴールが決まった直後に、皆で、どわわわわわっ と最前列に押し寄せる 通称 「なだれ」 と呼ばれていることをやることがあります。  今回は人数が多そうですから、小さいお子さん連れの方はタスキ中心部の前列は避けたほうが良いと思いますよ。(というか、もともと私はタスキ中心部に小さい子供をつれてくること自体をお勧めしませんけれど)

横浜FCサイト。試合イベントの告知 から引用

◆「ふくしまの米」ブースで福を引け!
メインスタンドコンコース 12:00〜 当日、グッズ売店にて「横浜FCの応援米」や「横浜FCグッズ」を購入した方、または福島の農産物を購入した方、先着2000名様に抽選券を配布、「ふくしまの米」ブースに抽選券をお持ちください。福引をして「おいしいもの」をGETしよう!

1等:福島牛(郵送)・・・3本
2等:福島のくだもの(ぶどう)・・・10本
3等:ふくしまの米2kg・・・30本
4等:横浜FCグッズ・・・50本
5等:ふくしまの米サランラップ・・・200本
残念賞:ふくしまの米ポケットティッシュ

------------------------------------------

さあ、皆でつっこみを入れよう! 一等、福島牛(郵送)

 

先生! 牛が郵送されてくるのは困ると思います!

 03/09/14 (日曜日)

とりあえず、簡単な写真観戦記。

横浜FC。 ごまっつさんから
「歓迎??? 新潟家鴨 御一行様」 いただきました。

  

試合前のちゃきんさん。大激怒。
黄色のしゅわしゅわー  たったこれだけしか入ってねぇ! (-"-#)  これで500円? なにそれ?

試合。  アルビレックス新潟 7-1 横浜FC

マルクスがまた満塁ホームランを打ちました。 今シーズンは大宮戦、札幌戦に続いてこれで三度目の満塁ホームランです。

いや、いいんだけれどね。 出来れば一試合4得点を3試合もやらなくていいから、平均して得点して欲しいな・・・   とね。


試合後、おやすみを高い高ーい♪ する、おや連プリンセス。まいちゃん

実はこの日のプリンセスまいちゃん。 大好きな安選手が出場していないために試合途中までは芝生に寝転んでいて 『わたしゃやる気無しの介でござるよ』 だったくせに、アルビ大量得点でコロリとご機嫌に♪

女って、怖いね。

【がんばれ! 横浜FC、GK菅野!】

一晩たってもひとつのイライラが消せないので、書いてしまいたいことがある。

アルビを応援する者としては甘いと思う。 大アマだと思う。   横浜FCサポにしてみれば余計なお世話だと思う。 でも・・・・

横浜FCの選手へ。
ただしGKの菅野選手は除外

確かに気温をはじめとして力を発揮できなかった理由とか、タイミングとして調子が出ない状態だったとか、いろいろと選手にも理由はあると思う。   でも、あれだけ沢山の横浜FCサポーターが遠く福島まで応援しにきて、しかも、大事なスポンサーの御前試合で、あのヘタレはあまりにもひどいと思う。

アルビ側のセットプレー。
マルクスがどフリーでヘディングしている。誰もまともに競っていない。  あんなのゴールしてくれと言わんばかりだ。

前半30分過ぎから、まともなプレスをかけられない横浜のMF陣。 追いつくことが出来ず抜かれまくりのDF陣。 横浜ゴールを襲うシュート。

 

 

そんな中。  一人孤立してゴールを守る菅野選手。

 

 

私が甘いのは重々承知の上で言わせてもらうけれど、見ていてとても痛々しかった。

 

せめてGKも含めた横浜の選手全員がやる気をなくしているのならば、もっともっとぎったんぎったんに点をいれてやれやぁ! とか、叫んでいたのだろうけれど、諦めないゴールキーパーが孤独な戦いをしている試合は、見ていて胸が苦しくなった。

後半。 正直に言って、あまり意味があるとも思えない時間が過ぎていく。

ボクシングだったら、横浜の監督にタオルをリングに投げることを勧告しただろう。

反町監督は、新人のジェイウソンを、そして次に栗原を投入。 そしてDFの三田を下げてなんと船越を投入。 反町の腹黒ここにきわまれり。これだけの大量リードをしているのに、交代がすべて攻撃の選手。 言葉は悪いが、これはもう、攻撃の練習。

足が完全に止まった横浜の選手。 マルクスにタックルをしてしまい、横浜キーパーが一発レッドカード。退場。

私の目の前で、ピッチに四つんばいになって悔しがる菅野選手。

アルビ側からは、「今日の日はさようなら。また会う日まで」  の合唱。

いつもなら私は喜び勇んでこの歌を大合唱する。もちろん振りつきで。
暴力行為や人格攻撃の野次は絶対に許せないけれど、プロの試合の応援をするのならば、この程度の毒は充分許容範囲だと私は思う。 

でも、このときだけはとても歌うことは出来なかった。あまりに気の毒すぎた。

気の利いたことはいえないけれど、 「がんばれ。菅野」 と、思った。

 

 03/09/15 (月曜日)

【本題に入る前に・・・】

本日出歩いていたために、22時くらいに帰ってまいりました。   で、本日のカウンターを見て、おしっこちびりそうになったんですが・・・。   もしかしてどこかすごい場所でリンクを貼られたりしたのかしらん?

【さて、本題】

先日の福島で行われた 横浜FC 対 アルビレックス新潟。  試合の感想などは昨日既に書きました。

さてこの日。 湘南ベルマーレは18時半から山梨・小瀬にてヴァンフォーレ甲府と対戦。当然、時間とそれなりのお金とやる気のあるまともな湘南サポは甲府まで行っているはずです。

「新潟から」福島へ行ったおや連メンバーは、誰もがこの日、KLINSさんは当然小瀬まで遠征しているものだと思ってました。 ええ、「東京から」福島に向かった約数名のおや連を除いては・・・

横浜との試合の後 れな さんは 『ミヤがゴールを二回も決めたよー!』と、ご機嫌で小瀬にいるであろうKLINSさんにメールで報告してました。

さて、時は流れて、昨日の深夜・・・・・

「KLINSさんにだまされたーっ! 悔しい〜っ! むきーっっっ!」と、れなさんから怒りの電話が私にあります。

忘れてました。  KLINSさんはあくまでも 『腐っても』湘南サポ だったのです。

しかし、ここまで身体を張って次の試合に備えてネタを仕込むか? 普通?

 

あ。 普通じゃないのか。

さて、身体を張ったバカ ネタ企画では絶対に負けたくない私です。 正直言って

悔しい。

    すっげぇ悔しい。

         めちゃくちゃ悔しい。

新潟弁で言うと、がっと悔しぃ

そして私は思いました。当然20日の試合では現地バトルが開催されます。

前回の我々の勝利時には、スポーツ公園にて沢山のおやすみアルビくんの前でKLINSさんに土下座をしてもらい、大勢のおや連があざ笑いながらその姿を写真に収めました。

さて、今回はどうしてくれようか・・・・・

こうなったら、「負けた側は日本海に沈められる」 などという程度のバトルでは気がすみません。

いかに変態な「笑われてナンボ」の体質のKLINSさんといえども二度と立ち直れなくなるような、ナイスな懲罰はないものだろうか?

いやそれってナイスなのか?

頭を悩ませながら朝マックのエッグマックマフィンをかじりつつ新聞をめくると目に入ったものは

急いで食べ終え、クルマに乗って目的地へ走ります。

 

 

そして、購入したもの。

それは・・・・・・・・・

 


新潟 → 両津(佐渡)

9月21日。 フェリー乗船券


片道切符

 

やるよ。
ボクは、やると言ったらホントにやるんだよ

 03/09/16 (火曜日)

えー。  ご本人から請求がありました。

腐っても湘南サポのKLINSさんのサイトはこちらです。 21日には片道切符を持たされて、06時00分。新潟港発のフェリーで佐渡・両津に流される予定ですので、いまのうちにサイトを閲覧しておきましょう。  合掌。 ちーん♪

で、昨日の 「カウンターが回りすぎ。さてはどこか有名どころでリンクを貼られたのでは・・」 の書き込みに関して、タレコミのメールを頂きました。

拙サイトが紹介されていたのは こちら様でした。たまげました。

かなり前に書いた記憶がありますが、現在さまざまなサイトでバトルとかやっている、そのはしりになったサイト様です。

光栄です。

と、言い切っちゃって良いのかどうか微妙ですが、

そんなワケで・・

FC東京サポーターのみなさーん。 こんばんはー。 (こんばんわー)

ここは、皆さんが1999年に大分トリニータを一点差で上回りってJ1昇格を決め、ピッチになだれ込んだ思い出の地。新潟から発信しているサイトでーす。(でーす。でーす。でーす)

でも、版で押したようなニワカなアルビサポの私は、そんな昔のことなんてちょっともわかりませーん。 (わかりませーん。わかりませーん。わかりませーん。)

なんとかがんばって来年は味スタでそちらさんの東京ブギウギとかTOKIOとか、沢山あるらしい応援歌を聞きに行きまーす。(まーす。まーす。まーす)

実は、うちらもよそのサポさんから 「応援歌が選手ひとりひとりにあって多すぎ。 運動会みたいな応援で、だっせー♪」 て煽られるくらいに歌が多いでーすっ!(でーす。でーす。でーす)

 03/09/18 (木曜日) おしっこちびり。いまだ止まらず

ばれたことがばれました。(日本語になってません)

そうでしたか、サイト間のバトルはそちらが事始ではなかったのですね。それは済みませんでした。
それと、言い訳っぽいですが、うちも「ピンポンダッシュ掲示板」というのをやってます。

が、これは、本当に偶然ダブっただけなんです。 正直、そちらも同じ名前の掲示板があると知った時に、こちらのほうが後発なだけに名前を変更しようかと真剣に思ったのですが・・・

ま、そんな真剣になるほどご立派なことではあるまい。 と、流しました。(をい)

---で、 あまりほのぼのと話しかけていてもナニなので、ちょっとFC東京さんに向かって毒を撒いてみたりする---

今年の7月なんですけれど、新潟ではこんなイベントが開催されました。

アルビの選手たちはこの前日にアウェイ鳥栖戦がありました。しかも九州はものすごい大洪水で、選手たちはへとへとの中、帰ってきてました。(たぶん)

で、本当に暑かったこの日のイベント・・・

うちらのキャプテン。山●選手は、『あー。暑っちぇー。 かったりぃー。早く帰りてー』という表情100パーセントで参加していました。  もっとも、その後でサイン会があったので帰りたくても帰れないのですけれど・・・

とっととイベント終わらせてサイン会をはじめて欲しいアルビファンと、とっとと帰りたい▲口キャプテン。

そんな空気を読まずに、一人でマイクを握って長々と喋りたおした人がいます。

ゲストとしてよばれていた 植田●日 氏 でした。

いや、話していただいた内容は良かったんですよ。

アルビ某所の掲示板でも朝■氏のトークについて感想を書いた人、いましたからね。  (と、一応フォローはしておく)

タレコミメール。二通目。きました

16日に私、「東京ブギウギ。聞きに行きます」とか書きましたが・・・・

これ、FC東京がゴールを決めた時に歌う歌なのだそうです。

聞きたくねぇや。 そんなの
(しょぼーん)

しかし、このタレコミメールをくれたFC東京サポの方、甲府戦にわざわざ新潟まで偵察(?)に来るそうです。  なんだかすごい注目されてるんですか?新潟?

ま。言うまでも無いですが、まだ私たちは浮かれている場合じゃない。 去年の第4クールのアルビのヘタレを知っている人ならば、これからが正念場なのは誰もがわかっている事実。

さ。 これからの11の試合。遊びは遊びとして楽しんで、でもサポートは各自が出来ることを精一杯やりましょ。 


 03/09/20 (土曜日) 最大最低懲罰、決戦当日早朝

タダでさえ、懲罰なんだかご褒美なんだかワケわからなくなっているKLINSさんとのバトル。

本来懲罰とはやりたくない事柄のはずです。
試合に負けたくないはずです。
なんなんですか、皆さんの態度は!

懲罰を受けてみたいなーなどと、川崎や横浜方面からメールやら書き込みがあるわ、内輪から寝返るヤツは出るわ・・・・

先生!
これって本当にバトルなんですか? それとも、ここに来ている人の頭が(略)

そんなわけわからん状態のバトルを

だから更にややこしくするな っつーの!

 03/09/21 (日曜日) さあ、みなさんお待ちかね♪

まずは、ざっと総会報告

 お名前は聞き忘れました。てへ♪

 KLINSさん。 キターっ!

 
ふなぽ@おや連小学生。 身体を張った 『ようこそ 新潟へ』

先生!湘南サポさんたち、引いちゃってます!

おのれ。ゆるさん。ちゃーじ総帥 (-"-#)

試合結果。

アルビレックス新潟 2-1 湘南ベルマーレ

腐らなくても湘南サポの KLINSさん。

おや連裏切り者 いけっちさん。

KLINS派に寝返った ちゃーじさん。

片道切符で↓

 

懲罰決定

 

さて、本日朝05時。(真っ暗だよ)
新潟駅にてKLINS氏と いけっち氏を捕獲したちゃきんさん。

 

あっ!

 

先生! ちゃーじ総帥が逃げました。

 

『いや。ボク。今日はフットサルの練習があるしー』

寝返ったちゃーじ総帥がまた寝返り

さようなら。 KLINSさん。

さようなら。 いけっちさん。

キミたちのコト、決して忘れないよ。

 

さようならーっ!

 

にやり

もし、元気ならば こちらで報告が「ほぼ」リアルタイムで見られるかもー

ちなみに、
本当に二人だけで佐渡に行ってもらってますけど、ナニか?

 03/09/22 (月曜日) 急遽決定!

ちゃーじ総帥広島戦応援バスツアー。 本日22時出発♪

前日に広島入りしているたえちんも参加♪

 03/09/26 (金曜日)

【アレはしょうがないや】

更新が遅れてましたが、23日の広島戦。

ネット上でチェックしていて、アルビが負けていたのは知っていた。 この日NHKで深夜から試合の録画放送がある。 通常だったら誰が好きこのんでわざわざ負け試合を見るものか!

と、思っていたのだけれど、とりあえず少しのさわりだけでも見てみるかとテレビのスイッチを入れた。

紫に染まるビッグアーチ。 なにやら白いタオルがぶんぶんと振り回されている。

最初は新潟ペース。しかし徐々に広島ペースに。でも、こんなのはおおかた予想されていたこと。  前半は無得点のまま終了。

後半始まってすぐにリカルドのヘディングシュート。これで先制される。 そしてマルセロ退場で広島は10人に。 ある意味これで広島の目的が絞られた。「全員でこの虎の子の一点を死守する」   いやこの場合は熊の子の一点なのか?

変なことだが、相手がひとり減ったことが逆にアルビにとって不利になってしまったようだ。

J1での優勝経験があるチームが、完全にプライドを捨てて10人全員でゴール前を死守。いったい最後の30分間のうち、広島の選手がボールを持っていた時間は何分間あったのだろうか?

残り10分を切ってからは、完全に広島の選手は自分たちのゴール前から動こうとしない。引いた相手を崩せないのがアルビの欠点とは良く聞くせりふだし、私もそう思う。でも、この日はとてもそんなことをいう気になれない。

守備を崩すとか崩せないとかは、少なくても相手がわずかでも攻める気がある場合の話である。 広島はほぼ全員がゴール前に密集して、その場から動こうとしないのだ。   10人がゴール前から動こうとしないのだから、どうやってこれを崩せと言うのか?

このような時に攻撃側が取れる手段は二つしかないだろう。 背の高い選手を密集の中に入れて、その中に外からボールを放り込む。運良くボールにあわせてヘディングシュートが成功すればラッキー。 あるいはギャンブルのように遠くから数打ちゃあたるかもしれないシュートを放つ。  それ以外に取れる手段はあるのか? あの密集の中に切り込んで行けというのは、そりゃうちらには無理だ。 ひとりの年俸が何十億円もするスペインあたりのチームにお願いしてくれ。

192cmのDFアンデルソンまでが広島ゴール前の密集地帯に入る。完全な押しくら饅頭状態の中めがけてボールを放り込む。 広島の選手が必死でボールを奪う。 ところが広島はそこから攻撃に反転するわけではない。  やるのは前方にロングボールを蹴ってクリアするだけ。

当然そのボールはアルビのものになる。そして密集地帯の近くまで持ち運び、人ごみのなかの194cmの船越、192cmのアンデルソン、183cmの上野を探し出して放り込む。マルクスはちょっと離れてこぼれ玉が来るのを待つ。 放り込まれたボールは広島が必死で奪い取り・・・・  以下延々とその繰り返し。

時々は新潟に当たりのくじが出そうになるが、ほんのわずかの距離。ほんのわずかの時間が届かない。

そして試合終了のホイッスル。 画面の中では歓喜に沸くビッグアーチに何万もの白いタオルがくるくるとまわされていた。

おい!広島の選手たち!喜びすぎなんだよ!   なんでおまえらみたいな優秀な選手を多く抱えて、J1優勝の歴史まであるチームが、新潟みたいなローカルなチームに勝ったくらいでそんなに喜んでいるんだよ。まるで優勝したみたいじゃねえか。

得点したリカルドなんて、試合終了のホイッスが鳴った瞬間、ピッチにうずくまって号泣しているし。

NHKの録画では映っていなかったけれど、スカパーでは試合後、笑っている反町監督が写っていたらしい。  観戦前に掲示板でその書き込みを見たときは、『なんで負け試合の後でわらっていたんだ反町?』などと思ったが、試合を見てわかった気がした。

ありゃ、しょうがねぇや。

今のアルビに出来ることはすべてやったもの。 あれだけ一方的なパワープレーを30分もの間続けていて、それで勝てなかったのなら、あれはサッカーの神様が広島に勝たせるためにいじわるをしていたのだろうさ。 そんなの、こっちの責任じゃねぇし。 

広島ビッグアーチは、6年ぶりだか8年ぶりだかに2万5千人の観客を超えたのだそうだ。

あれだけの盛り上がり。あれだけ必死で応援するサポーター。 あれを見たら普通の神様ならばそっちのチームを勝たせるに違いないさね。  そうか。 どうりで何度ボールを放り込んでも、どんなにチャンスがあっても、ゴールネットの中にアルビがボールを入れることが出来なかったわけだ。

もういい。この試合の敗因は、広島の熱気に感動しちゃった神様の責任。 そんな人知を超えたものまではオラシラネェ。

広島のサポーターはこれで増えるだろうなぁ。   そして、もしかしたら今まで寝ていた熊を目覚めさせてしまったかもしれないね、新潟は。  まあ、そうだとしてもどうせうちらは今年は広島とは対戦がないからいいや。どうでも。

この日のビッグアーチの動員計画とかは、すべてが新潟・ビッグスワンでの広島の敗戦から始まった出来事。  そしてこの試合。 このスタジアム。  この日の試合は広島さんたちにとってここまでで一番感動的な試合だったはず。

そんなわけで、広島サポさんはしばらくは新潟に足を向けて寝ないように。

あーあ。負けて悔しく無い分けはないけれど、なんだかんだ言って最後までテレビ見ちゃったよ。 

というか、正直、面白かったよ。ちくしょう。
実は、そのうちテレビが間違えてアルビのシュートが決まるんじゃないかな?とか思いつつ見ていた私。

とりあえずサッカーの神様。 

うちらも今回の広島さんに負けないだけの、、、 

いや。絶対にあれ以上の熱気がある自信があります。だから、残り試合全部アルビに勝たせて。

お願い。

 03/09/27(土曜日)

      前半 0-1
      後半 2-0

     新潟  2-1 鳥栖 

妙な盛り上げ方しなくていいから、普通に勝て。普通に。

今日のNTT docomo 新潟支店提供の「がんばれアルビ。docomoのCMでおなじみのあの人がアルビに応援メッセージ」 て、誰が出るのだろうとおもっていたら、加藤あいでしたね。

で、一年ほど前に私が若者 (言い方がおじさんくさいね。どうにも)と話をしていたときのこと。

なぜdocomoは広末から加藤あいにキャラクターを変更したのだろう?との私の質問に、「加藤あい だから i モードのCMに出ているんでしょ?」と、『そんな事も知らないのかこのおじさんは?』という表情で指摘されまた。しょぼーん。

そうか、あい だから iモードだったのか。納得。

はい!先生!
飯島じゃダメなんですか?

飯島iモード。うふんあはん♪

 

 03/09/30 (火曜日) さあ、いよいよ決戦だっっ!

先週の鳥栖戦。家族連れを含む10人くらいのおや連の皆さんと一緒に、ビッグスワン開門前の行列に並びながら、私は皆さんに聞いた。

「来週の川崎戦。誰か行きます?」

そしたらさ、一斉に手をあげたね。

 

その場にいる全員が。

 

もうさ、みんなヴァカばっかりー♪

どこかの掲示板で読んだ書き込み。そのままぱくりますが

10.04
川崎フロンターレ vs アルビレックス新潟

そっちがならば、

こっちはだっっっ!

 

最初は 「青心統一だってさ。くすくす。 それって漢字にが足りないよコメが」 などとアオろうかと思ったけれど、いまひとつ理解しにくいのでこっちにしました。  ああ言い訳くせぇ

そんなわけで、決戦に向けて気合を入れて盛り上げて アオってみます。

なんやらもう、川崎さんは官民上げて 新潟をアオってます キアイ入りまくり。

では、個々の発言についてちゃちゃ入れするぞ。 おーっ!

川崎市長 
「等々力陸上競技場をフロンターレの青一色にしたいと思っています。」

申し訳ないですが、それは完全に阻止させていただきます。

新潟交通主催のアルビ応援バスツアー。ついに20台全車満席になりました。異例の速さです。 新潟交通は実はもっと増車したかったようですが、10月から実施されている首都圏のディーゼル車規制のおかげでこれ以上増やせないらしい。 これがなかったら30台は行ってたんだろうなぁ。

おのれ。行く前からアウェイの洗礼か?

予約に間に合わなかった人。がんばってクルマなり列車なりで行きましょうやぁ!

武田信平 代表取締役社長
「今回も新潟からおそらく3,000人くらいの人が応援に来ると思うのですが、このオレンジを何とか我々のブルーで囲んで目立たなくしてしまおうと思います。」

えーと。 私の経験から言って、今までだと首都圏での試合の場合は、バス人数×4 のオレンジさんたちが駆けつけるのが通例でした。(現地組も含む)  つまり今回は

バス40人×20台×4 =3200人のオレンジ。 ということです。
 なかなかナイスな予想ですね 武田社長様。

でもね。今回は先に述べたように増車できなかった見込みも含んでしまうと、バス30台と考えて良いでしょう。そうすると

バス40人×30台×4=4800人

うーん。書いてて自分で『ホントか?』と思いましたが、たぶん5000人近く行きますよ。ええ。

あ!
そこで 「また新潟の観客数自慢かよ」 と思ったあなた。

それはちょっと違う。

今回、どうやら新潟サポーターは特別エリアを設けられて、その中限定での応援となるようです。  もちろんこんなの新潟でも、スワンや市陸で相手サポに対してやっていることですから不満なんかありません。 満員になることが分かっているのなら、安全上やって当然の処置です。

つまり、いいですね? 川崎のスタッフの皆さん。 3000人と予想しているようですけれど、

足りません! 5000人分確保よろしく

え?予想外したらどうする?
さあ・・・べつになにも。(鼻くそほじりつつ)

それと、色彩について知識のある人は分かっているだろうけれど

寒色系の青に囲まれれば囲まれるほど、暖色系のオレンジは一層目立っちゃうぞ!

石崎信弘 監督
「10.04は真っ青になるくらい入って頂きたいと思います」

えーと。 今私が思いついたちゃちゃ入れは、多分誰もが思いつく内容だから以下略。

鬼木達 キャプテン

・・・  なんだよ。突っ込む箇所がねーや。 ちぇっ。