709.で、blogだ。(08/28 15:10)


最近ホームページで主流になりつつあるblog。私もついに流れに負けて、この「偏愛アルビ」をblogにしようと思った。

私は別にコンピュータープログラマでも、webデザイナーでもないのでそんなに技術的な内容に詳しいわけじゃないけれど、この際ついでだから「で、blogってナニよ?」という人にわかるように説明してみよう。  というのは表面的な理由で、その実本当は自分のここまでわかったことの整理をしているんだけれどね。

とはいえ所詮は自分が必要な部分だけつまみ食いした知識なので、間違いがあったらやさしく突っ込んでくださいな。

まず。blogの読み方。 これは「ビーログ」と読む人も居るようだけれど「ブログ」と読むのが主流みたいです。 ホームページを作ったり世界に公開するための新しい様式なんだな。くらいに思ってください。

で、今までホームページを作るのとどのような違いがあるのか。

今までだと自分のホームページを作るには

1、自分のパソコン
2、ホームページ作成ソフトなどを使って、自分のパソコンでホームページをレイアウトする技術
3、レイアウトしたページをサーバーにアップする技術
4、更新をしてたまったデータを整理していくマメさ

こんなものが必要でした。
これがblogになると、「インターネットの掲示板に書くのに似た形式で書き込みしたものが自分のホームページとして世界に公開される。しかも、更新した日や時間。そして内容によって分類したデータごとの整理。検索が

・・・・  あー。
内容が小難しくなってきた。  却下。

つまりblogというのはそれ自体がプログラムになっているので、いろいろと面倒なコトを補助してくれるのです。
具体的に従来と比べると

1、自分のパソコンじゃなくても、たとえば職場のパソコンからでも漫画喫茶のパソコンからでも、要はインターネットに繋がっているパソコンがあれば更新できる。
2、ホームページ作成ソフトなどは不要。
3、掲示板に書き込みするのと同じなので、サーバーにアップする手間は不要。
4、日ごとの書き込みの整理はコンピューター任せ。

こんな感じでラクになります。(もっとも、従来の方法に慣れている人には必ずしもラクで無い部分もあるのだけれど、そんなのここでは割愛)

とか、なんだか難しそうなことを言ってますが、所詮は2-3年前から人気になっていた「インターネット日記」と、ここまでの部分に関しては大した違いはないです。

もしもblogが上記だけの機能だけだったら私は移行なんてしなかったでしょうが、従来の日記のシステムにはなかった面白そうな機能がトラックバックです。

709/710

コメント(6)
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

管理人:ちゃきん

Powered by
MT4i v2.21